フランチャイズチェーンのメリット

フランチャイズチェーンというと、どのような印象を持たれますか?それぞれのお店によって、様々なイメージがあるかもしれませんが、共通していえるのは、どの地域にお住まいの方にも知られている有名なお店というようなものではないでしょうか。ですから、フランチャイズチェーンを経営するということは、開店の段階から既に知名度があるという大きなメリットがあります。自分のお店を持ちたいと思った場合、普通はコンセプトからロゴマーク、お店のデザインなど全てを自分で考えていかなければなりませんが、フランチャイズの場合には、本社からほとんどのものを支給されたり、また戦略などもその都度説明してもらえるために、安心して経営を行っていくことが出来るという利点があります。また万が一、思うように成り立っていかなくても、アドヴァイスをもらえるので不安も消えていきます。

世界的に有名なフランチャイズチェーン

フランチャイズチェーンのお店には色々なものがありますが、例えばアメリカが本社であるような世界的に知られている企業のものであれば、訪れるお客様の幅も大きく広がる場合が多いものです。それはどうしてかというと、外国から日本へ観光などにやってくる旅行客なども、自分の国で既に訪れたことのあるお店であれば、親近感があって、入りやすいという側面があるからです。たとえ日本食を色々と試しているような人たちでも、だんだんと自分の国の味が恋しくなり、フランチャイズチェーンのハンバーガー店などに足が向いてしまうことも少なくないからです。このような例からも分かるように、世界的にも知名度のあるフランチャイズ店などを自分のものにしてしまえば、地元のお客さんばかりか、旅行で訪れる外国のお客様などもターゲットに出来るのです。

異なる発想の必要なフランチャイズビジネスの展開

全国的にコンビニや外食チェーン店で代表されるフランチャイズビジネスは今やサービス業を中心にして様々な業態で採用されています。経営上は独立しているものの、母体企業から商標やサービスマークの使用を認められ、営業ノウハウや新商品情報の提供等を受ける代わりに母体企業に一定のコミッションを支払うことでチェーン店の一つとして営業できるため、異業種の個人事業主でも新規事業展開を始めやすいビジネスと言われます。しかしながら、乱立気味のコンビニ業界や外食チェーンの現況で全国的にほぼ飽和状態であると分かるように、国内に新規に参入していくには資本力の強いことや新製品の開発力等、地域で競合する同業他社と商品やサービスの差別化を図っていかないと事業継続の並大抵でないことが明らかです。中でも、少子化の影響だといわれますが、長時間の営業に対応するだけの従業員の確保が困難な時代となり、深夜営業の短縮化や店舗閉鎖まで起こる時代なので、急速に発展してきたフランチャイズビジネスの新たな展開には異なる発想の必要な時代だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です