ブランド戦略を成功させる例とは

ブランドとは、商品やサービスなどをほかのサービスと区別するためのもので、商品やサービスを構成するものの中で一番重要です。
売り手の商品やサービスを識別させ、競合する他社の商品やサービスと区別するための名称や言葉、記号、シンボル、デザインやそれらを組み合わせたものです。

強力なブランドは、顧客の持つ関心領域で大きな価値的優位があり、顧客の期待を裏切らないことを約束する製品や企業の象徴です。企業にとっては、他社との競争で優位になり、長期的に収益を得る基礎になる重要な資産でもあります。
特徴や競合する他社との違いを明確にすることで、顧客は関心を高め購買行動を促進でき、結果、訴求力が向上します。商標権を設定することで競合する他社と差別化ができ、顧客が商品を購入することで安定的な売上を確保し、広告活動への依存を減らし、競合するものに特別感を与え価格を上乗せすることで利益率が高くなります。

消費者にとって、商品などを買おうと決意するまでにかかる時間やコストを減らすことができ、購入のリスクを低くしたりなくすことができる、品質を保証してくれるものであり、イメージに顧客自身が自分を重ね、自己表現や表現の手段にもなるのです。

ブランド戦略とは、ファンとして商品を購入してくれる顧客に対して行うものであり、同じ価値観を持つ同じような顧客を増やすことを目的に行います。
市場がまだ未熟な場合は、顧客はどの商品を選ぶべきが判断できないことが多く、多くは露出度が高く知名度の高いものを選ぶ傾向にあります。
ですから、象徴となるものを作り、その後サービスの基準や品質、デザイン、機能の革新性などを作り上げていき、顧客はそのものの将来性や価値観などに共感して商品購入を行うのです。
例えば、企業は顧客がどんなものに共感して購入しているのか、顧客が求めているものを分析し、継続的に改善を繰り返すことが大切です。
顧客の求めるものと現状を比較して、どのように歩んでいくかを考えて行動することで顧客は信頼し、より継続できる関係性ができあがります。
そして結果的に名前やロゴ、マークやシンボル、パッケージやデザインなどで購入してもらえるようになります。価値を作り出し、顧客や従業員、株主の価値を高め、企業に多くの利益が生まれ、コントロールが可能になり成功するのです。

製品により付加価値を付けて販売するためには、ブランディング戦略がとても重要といえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です