医院開業のはじめの一歩

医者になって自分の病院を開業する、それこそ順風満帆な人生にみえます。
もちろん成功すれば、それは素晴らしい富と名誉を得ることができますが、しかし開業からうまくいくものといかないものの差が出てくる場合もあります。
医院開業というのはお医者さんが自分の専門的なこと以外の経営をもやらなければいけなくなるということです。
そこで同じ技術力のお医者さんでも開業した病院の経営差が出るのはどうしてなんでしょう?
やはり医院開業にはお店を構えるためのノウハウが必要です。
最近では開業のためのセミナーに参加したりやコンサルタントに指導してもらって開業する医者がほとんどです。
親の代から病院をやっているのなら、その地域に根付いたものを引き継ぎ、設備もすでに整っているわけですから、苦労はいりません。
ただ、一から開業するためにはたくさんの問題をクリアして進まなければいけないのです。
まず一つ目の大きな問題はお金です。
開業資金にいくらかかるのか、それを払えるのかというのは最初にクリアすべき問題です。
ご存じのとおり医療器具というのは大変高価なものです。
何千万とするものも珍しくはありません。
そして必要なものはやはり最新のものをそろえておきたいのも本音でしょう。
最近は開業するときに医療機器はリースで借りる場合がほとんどです。
リースのほうが金額も安くなりますが、中途解約ができないなどのデメリットもあります。
医院開業にあたり重要視しなければならないことの一つに場所選び、というものがあります。
これは駅から近いなどの基本的な場所選びもありますが、もっと大きく言うなら田舎にするかと都会にするか、その地域ではどんな利用者が多いかというのでも大きく変わってきます。
お年寄りが多い地域なのか子供が多いのか、などの年齢層、男女など細かいリサーチが必要不可欠です。
そしてもちろん交通の便、近隣の状況、など通常のお店を経営するために必要な立地環境のチェックも欠かせません。
やはり大きな道路沿いの騒音が大きい所より、落ち着いた環境の下で病気を治したいと思うのは患者の当然の心理です。
そこで病院の環境を整えることも開業のための大切な事柄と言えるでしょう。
物理的な環境や金銭は医院開業には重要なことの一つではありますが、一番重要なのは、病院の医療理念や診療方針をしっかり決めることです。
その意思決定を決断することで、診療方針に実現する医療機器なにか、どんなスタッフを育てるかなどの病院の方針が決まってきます。
また、その核がしっかりすることで患者さんの気持ちを安心させ、信頼を得ることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です